2007年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年09月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

English2010終了

夏学期に取ったクラス、何とか金曜日の夜までかかりましたが、無事に終らせる事ができました
今回一番大変だったのがやっぱりEnglish。ポリネシア文化を学んで、それについてペーパーなどを書きました。だから教科書も6冊!!こんなに洋書を読んだのは久しぶりでした。。。
こじぃもやってたけど、ちょっとどんな本を読んだのかご紹介
まずはサモア文化から!!
Coming of age in Samoa
授業

これは、心理学の本。著者は心理学者です。サモアではどんな生活があって、思春期の子どもたちはどう成長していくか、について書かれています。偏見だという反対意見も多いのですが、サモアの生活がどのようなものかを学ぶには良くできた本ですよ♪

Nuanua
授業

これは、ポリネシアンの書いた小編を集めたもの。彼らの日常生活や伝統、伝説などの話が詰まっていました☆短いので一つ一つ読んでいくのは簡単

そしてハワイ文化
From a Native Daughter
授業

これは・・・・ちょっと過激な意見ですよね。自分たちの土地と文化を奪った白人嫌い、観光客嫌い、とにかくハワイの原住民以外大嫌いというね(苦笑)ハワイから皆いなくなれって強く願っている著者です。決してハワイは全ての人に楽園なわけではないんですよねもちろん、原住民の中にはそんな風に思わず、今のハワイを良く思っている人もいるそうですが。

続きまして、マオリ文化!(ニュージーランド)
The Whale Rider
授業

これは映画にもなったし知っている人も多いんじゃないでしょうか?邦題は「クジラの島の少女」だったかな?村長の位は代々男の子孫が受け継いでいたのですが、女の子が生まれてしまい、祖父(曽祖父)愛を受けられず、苦しみながらも、村を救った女の子のお話。映画と小説では話が全然違うので、是非両方とも手にとって観てください笑”一番好きなお話でした。それに読むのも簡単で、楽しく読めました

Once were warriors
授業

これが一番大変でした。。。マオリの人たちってやっぱり土地と文化を奪われて、貧しい地域に住んでいる人たちが多いんですよね。そんな状況に置かれたある家族のお話。いやー、激しいです。それにスラングやら口語英語ばかりなので、いくら英語の文法分かっていても理解できません口に出して読んで、あぁ~こういう意味かな?とか理解するしかないのです。アメリカ人ですら、理解できない英語が多いらしいので、勉強には不向きです

そして2つのペーパーと一つのプレゼンをこなしていきました。5週間の間に!!ハードだったよ。。。

そしてEnglish2010の最後の授業は教授の家でLuau!!☆-ヽ(*´∀`)八(´∀`*)ノイエーイ
ルアウとは、ハワイの言葉。皆でニュージーランド出身の教授にポリネシアンフードをご馳走になりました

料理

照り焼きチキン、カルアポーク、ソーメンみたいなヌードル、スイートポテト、タロイモのココナッツミルク煮、サラダです!これにホカホカの白ご飯も用意してくれ、飲み物はひんやーりと冷えたパイナップルジューズでした
これはね・・かなりおいしかったです!!
日本人は大好きだと思います!!ココナッツミルクはちょっと苦手だったのですが、クラスメイトの箸(ホーク?)が進まない中、私バクバク食べてましただっておいしいんだもん
このクラスを選んで大満足な私でした

これで一般教養のクラスは全部おしまい
後はメジャーに集中できます!一体いつメジャーの勉強を始められるのか未だに分からないのですが、のんびり行こうと思います。。。
長々と読んでくれてありがとうございました☆
スポンサーサイト

| Diary*2007 | 02:52 | comments:4 | trackbacks:1 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。