2007年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年10月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

満月の夜に

毎年、この時期に行われている、女子ソフトボール大会
今年は私もDH参加させてもらいました
ファーストの人が怪我をしてしまった為、急遽私が代わりに入る事になったにせよ、前日の準決勝よりも好調で大勝利を収める事ができました
2年ぶりの優勝です

女子ソフトは女の人たちと45歳以上の男性バッテリーで、チームを組みます。男性はバッテリーだけでその二人は打たないので、女性で打つだけの人(DH)二人と守備に回っていた人たち7人で攻撃します。うちは両親と私の3人参加でwww
さすがにベテランチームはバコバコ打つし、守備だってお手の物。三遊間は抜かせないし、どんなボールが飛んできてもすぐにファーストへ投げて必ずアウトを取ったり、惚れ惚れしました
中秋の名月は過ぎてしまったものの、グラウンドから綺麗な満月を見ながら、そして主婦の方々メインのチームなので、子どもたちの大声援を受けながら、とっても楽しいひと時でした

こういう風に、スポーツなんかを通して人と人とのつながりが持てるっていいよね。運動神経がいいのに、主婦になってからそれを生かす機会がないなんてもったいなすぎるもんね
手芸や絵画とか文化系が得意な人たちは作品展とか今ではネット上でその特技を発揮できるけど、運動系はなかなか毎週時間を取ってサークルに参加・・・なんて簡単にできる事じゃないし、人が集まらないとできないスポーツって多いしね?だから、年一回で集まるのも数回だけど、こういうのがあっていいなぁ~って思いました
スポンサーサイト

| Diary*2007 | 09:34 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

未来予想図

ドリカムの未来予想図は映画化されるそうですね

それとは関係ないんですが、
最近「永遠の途中 唯川 恵」を読みました

どうしてもっと、自分の生き方に自信を持って来なかったのだろう。あなたのつぶやきは、誰に届くの? 「もし、あの時ああしてたらって、自分のもうひとつの人生を勝手に想像して、それに嫉妬してしまうのね。 何だか、いつも生きてない方の人生に負けたような気になっていたの。 そんなもの、どこにもないのに、人生はひとつしか生きられないのに」--本文より


広告代理店に勤務する薫と乃梨子は、同期入社。仲はよいが相手と自分を比べずにいられない微妙な関係。どちらも、同僚の郁夫に恋心を抱いていたが、ささやかな駆け引きの後、薫が郁夫と結婚して主婦に。乃梨子は独身でキャリアを積み続ける。歳月は流れ、対照的な人生を歩みつつも、相手の生き方を羨んでしまうふたり…。揺れる女性の心をリアルに描く長編小説。
(「BOOK」データベースより)



結婚をして主婦になるか、キャリアウーマンとして働くか。
二人の対照的な人生を読んで、自分の未来を想像せずにはいられませんでした。
それぞれが嫉妬して、彼女には負けない!と思いながら生きていく二人。どっちが幸せなのかは分からなかったけど、一番幸せなのは、自分の人生を他人と比べることなく、精一杯自分の道を生きていく事なんだなぁ♪と思いました!
人と比べたって疲れるだけだもんね♪憧れとして他人の人生を見るのはいいけど、嫉妬してしまうようなら止めた方がいい。私の人生はどの道を行くんだろう・・・。
昔と比べて、自分の可能性は限られてきていると感じずにはいられないけど、コウ考えるとまだまだ色んな道があるんだなぁって。その道が俺様と重なっていたらいいなぁなんていってみたりして(←アホ)

とにかく、私はいい本だと思いました。
この本の教えは一生頭の中にいれておきたいな

| Diary*2007 | 09:52 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

沖縄に行きたいな。

敬老の日に祖母に連れられてエイサーを観に行きました!!とっても小さな子から大人まで、皆がかっこよく踊っていました

エイサー

エイサー

何でこんなに沖縄の文化や景色は人の心を惹き付けるんだろうねぇ
私たちは幸運だったので、この町の中学生たちは修学旅行とは別に「沖縄旅行」に行けたのです!!っていってもやはり勉強目的ですよ防空壕として使われていた洞窟見学や、ひめゆりの塔などの見学、語り部の人のお話を聞いたり、地元の中学生との交流もありました
そのとき、ホテルの中庭でサンシンのショーと花火があり、それを親友とベランダからずーっと眺めていたのがいい思い出それ以来、沖縄の魅力に取り付かれてしまったのに、行く機会もなく・・・でもこうして沖縄の風をちょっとでも感じられて嬉しかったです

| Diary*2007 | 08:46 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

平安衣装

kumano

日中友好のイベントがあったんです。ここは最近ニュースでも出るようになった自民党の二階さんという方の選挙区、和歌山3区なんですが、二階さんは中国とのお仕事が多く、その関係で・・・かはどうか私はよく知りませんがw中国の方々が大勢この町にいらっしゃいました。
私たちはちょっとした御手伝いをこの格好でさせていただいたのですvv

この衣装になってから、一緒に写真を撮ってくれという方々が多く、ほほの筋肉が痙攣するくらい何枚も何枚も笑顔で撮影しましたwww
本宮大社の階段下に行けば、今度は日本人観光客の方々とも一緒に写真を撮り、こんなに一気に写真を撮ってもらえるのも最初で最後じゃないかなぁ~というくらいでwいい思い出になりました☆

イベントのほうは途中雨で中止になってしまったのですが、とっても楽しかったです♪香港の人気テレビ番組でミスコンをやっているらしく、そのセミファイナリストの方々も来ていました。とっても綺麗でしたよぉ~!!!

簡単ではありますが、ちょっとした地元情報でした☆

| Diary*2007 | 08:55 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ほへぇ~


私、こんな方々に似ているらしいですw
しかし、このkanaという女性、何度写真を変えてやっても出てきます・・・誰なんでしょう?日本人だよね??
いやいや、自分の顔がスッピンで申し訳ないですw

| Diary*2007 | 09:09 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

くりくりくりぃ~♪

ここ数日間、毎日のように山に篭っています(違)
実は今年は栗が豊作で、4日間一本の木から栗を取り続けているのです下草刈りをして、伐採しておいてあった木をくべて火を焚いたり・・・9月になったとはいえ、まだまだ34℃なんて気温のなか行う火焚きはとても暑い汗ダラダラかいたのに、体重は減らないし
それでもいどこいーっぱいの栗を毎日拾ったおかげで、今年は色々な人におすそ分けをしてもまだまだ余っているくらいです栗ご飯食べたい人うちへおいで♪w
祖父に連れられて色々手伝いをさせられているけども、こんな経験が出来るのも貴重だなぁ~って。小さい時はそれこそ嫌だったけど、今でもちょっといやだけど今のうちしか出来ない事で、これから自分の子どもたちにもさせてあげたいことだから、こんな経験ができる自分は幸せ者だなぁ~と私たちの子供の為にと、祖父は柿、栗、みかん、すもも、枇杷などなど色んな木を山に植えてくれているのですvvありがとう、おじいちゃん

そして今日は町まで車でドライブ~福井から帰って来る祖母を迎えに行きました!!運転はまだまだ怖いけど・・・だんだん慣れてきました
9月に入り、やっと活動期を迎えてミサチャン。明日は日帰りで大阪へ行ってきまっすホッケー部時代のチームメイトに会いに
水曜は親知らずを抜くので、美味しいもの食べて、お買い物をして~♪気合入れてきます

| Diary*2007 | 15:05 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

気持ちの変化

遠距離恋愛をして、寂しくて辛い事も多いけれど、マイナス面ばかりじゃないんだなぁ~と実感する今日この頃です(別に強がってるわけじゃないよ!!・・・やっぱり3割くらい強がりかもw)

この夏「がばいばぁちゃん」を読みましたvv
面白い言葉や良い言葉がいぃ~っぱい貧乏で、小学校から帰って「腹減ったぁ~!」と言っても「気のせいやー!」と返す「がばいばぁちゃん」。島田洋七さんの本です

私が一番心を打たれたのが「人に気づかれないのが本当の優しさ、本当の親切」という言葉。貧乏で、よく近所の方々から食べ物なんかを頂いていたらしい。でもその近所の人たちも「うちでは食べきれないから・・・」とか「数を間違えちゃって・・・」なんて言って持ってきてくれるのだから、もらう側としても気持ちが軽い。
今日、テレビで島田さんが語ったお話にも感動させられた。
祖母に預けられて生活していた島田さんは、運動会で寂しい思いをしていた。スポーツは大好きで得意だったが、誰も応援にこないし、お弁当はご飯に梅干としょうが。いつも教室で一人で食べていたそうだ。
そこに担任がやってきて、「先生、今日お腹がいたくなっちゃったんだ。梅干としょうがはお腹にいいから、先生の弁当と交換してくれないか!」と言って、豪華なお弁当をくれたのだそうだ。それは小学校を卒業するまで続き、6年生までただ「先生たちは運動会の日にお腹を壊すんだなぁ~」なんて思っていたそうだが、6年生になった時、それは先生方の優しさである事に気がついた。祖母に話すと、人に気づかれないのが本当の優しさだと教えられた。

当たり前の事かもしれないし、もちろん全てに当てはまるわけではないだろうが、私はこの言葉にはっとさせられたのです人間「してあげてる」と人に押し付けがち。私も「俺様をまってあげているのに・・・」とか「わざわざ電話してあげたのに・・・」なんて思ってしまう時があるのです。遠距離になる前から、待たされるなんて日常茶飯事ですがwそこで、待ってあげてたのに・・・なんて思うのは思いあがりもいいところですよね。
それに、相手に感謝する事も忘れがちかなって。「彼女だからしてもらって当たり前」って思ったり(恥)、自分自分!ってなって相手の立場になってかんがえられなかったり・・・。

待たされた時、「待ってあげてた」じゃなくて「来てくれてありがとう」と言える女でいたいなぁ~って。
だって、時間にルーズなのはひどいけど、相手も私に会いたかったのに諸事情で遅くなってしまった時に、責められると嫌じゃない。
何かの映画でもあったけど、帰って「どこに行ってたのよ!!」と責められる妻のもとより、「来てくれてありがとう」と言ってくれる愛人や「待ってたぜ!」って迎えてくれる友人のもとに行きたいと思うのは当然じゃない?笑

なんだか話がずれて行きましたが・・・
なんとな~く、言いたい事が伝われば嬉しいですちょっと私も心に余裕が出てきました
これからは、ピリピリカリカリしながら待つんじゃなくて、わくわくしながら待てそうです

| Diary*2007 | 01:00 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

日本の夏・焼肉

地元に帰って、楽しみの一つといえば、焼肉です☆お盆にもなると、それぞれの家で帰省した兄弟、子ども、孫など大勢で庭で焼肉を楽しむ姿がどこででも見られますつまり、焼肉用のセットや炭、椅子なんかはどこの家も持ってるんですよ

8月末には近所の知り合いが誘ってくれて、幼馴染たちや父と一緒に天然うなぎ(そのおじさんが捕ったもの)の炭火焼を塩でたべたり!(うまかったぁ)うな丼にしていただいたり、しし肉(いのしし。これもおじさんが捕ったw)を食べたりうんまぁでしたvvこれから、しし肉や鹿肉、山菜の時期♪うれしぃ~
こんな事書くと、びっくりされる方もいるかもしれませんが・・・勇気を持って書かせていただきますと・・・私は鹿刺し(鹿の刺身)が大好きです田舎ならではの食べ物かもしれませんね。。。

さてさて、9月に入ってからここで高校時代の寮生4人で焼肉をしましたvv雨が降りそうだったので、この町で働くMの家の前で焼肉をすることに。
準備を始めた途端に、隣や向かいのおばさんたちが声をかけてくれて、野菜をどんどん持ってきてくれましたわざわざ切って持ってきてくれる人もいて・・・たまねぎ、ピーマン、ナス、かぼちゃが大量に!!更には割り箸や椅子、炭まで持ってきていただいて
他の寮生も所謂田舎者でございます。遠慮なんてしやしません。。。「やぁ~うれしいよぉ~!!おばさんもぉええよ~おおきによぉ~」と言いながらどんどん頂きましてwwwはらいーっぱい食べた幸せ者の私たちでした☆
写真はその時のもの。Mの顔は隠れてるから、わざわざ塗りつぶさなくてもいいよね♪笑 メンバーはこの3人+私です。
kumano

その後、川でロケット花火をして、満天の星空の下、のんびりと夏の終わりを過ごす事ができました
まだまだ9時にもなっていないというのに静かな田舎。上空を関西国際空港に向けて飛ぶ飛行機のゴーという音が聞こえるくらいなんですよ。
是非、うちに来てくださいvv笑

| Diary*2007 | 11:22 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

おでかけ~♪

8月31日
夏休み中、ほとんどどこにも出かけていない一番下の弟の為に、どこかに行こうということになりました
うちの弟、ほん・・・っとうに腰が重い。母がディズニーシー行こう!と言っても「うぅ~・・・ん」みたいなw珍しく行きたい所があるというので、聞くと「ケーキバイキングおぉ~!!それは私も行きたい!!って事で、ネットで調べるも・・・・南紀にはないことが判明田舎だからね
でも、出かける気満々になってしまった母と私w
半ば無理やり弟を引き連れて北山村へ行って来ました


北山村は日本で唯一の飛び地の村です周りは奈良県と三重県、でも北山村は和歌山県♪花粉症に効果があると有名になった「じゃばら」はここの名産私の家からは一時間ほどで行けるのです。
今回の目的は、温泉でもじゃばらでもなく、筏くだり 朝一番で予約して、早速出発です!!(注:今回は運が良かったのか?たまたま3つ空席があっただけだったので、行く時はちゃーんと事前に予約しましょう♪)

行く道は・・・もぉ細くてぐねぐね道をゆっくりゆっくり・・・どんどん山を登り、越えていくので景色は抜群ですよカーブを曲がると道がない!!と思ったら真っ暗で細いトンネルだったりしてwwwなかなかスリルある道でした。もちろん、別のルートもいっぱいありますvv
着いてから受付を済ませ、バスで移動、そして1時間ちょっとの川くだりです!
kumano

こんな感じ。迫力がある写真はこちらへどうぞ北山村公式サイト
大満足の私たち三人は、来た道を戻るのではなく、丸山千枚田を見るために紀和町まで回って、新宮を通って帰ることにしました標識に従って進んでいくと・・・ありましたありました!!
kumano

ちょっと見づらいかな?もっとよく知りたい方はこっちへ心の原風景 丸山千枚田
なんとも素晴らしい景色でした。。。昔の人たちってやっぱり凄いよね。今ではこれを地元の人たちだけでやるのはとっても大変なので、都会や他の地域の人たちにレンタルして皆で守っていこうという方針らしいです詳しくは、上のHPから。

のんびりと流れる時間の中で、気が済むまで過ごし、記念撮影をしてから新宮周りで買い物を済ませてから帰路につきました。
夏休み最後のいい思い出になったかな?

| Travel | 10:16 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

まとめ

先日、試しに記事をUpし、それを消そうとしたところ、パソコンがフリーズ・・・もう一度やり直すと削除できていなかったようなので、もう一回削除ボタンを押す。はい、強制終了
やり直したところ、またまたさっきと同じ画面。。。仕方がないので、もう一回・・・おぉ~!素直にできたぞ♪と思ったのもつかの間・・・・・・・・・


・・・・・・・・・・・・・・・・・



何で3つも記事消えとんねーん!!!

いやいや、確かに3回クリックしましたけども←これが原因でもね?!ちゃんと記事の日付とか確認したのにぃ~という初歩的なミスで記事を3つも削除してしまったミサチャンです

悔しいので残しておきたかった記事2つのまとめ。

#1 八咫の火祭り
やたまつり

やたまつり

やたまつり

やたまつり


こじぃ&Evaちゃんへ♪
コメントありがとう実はお父さん映ってなかったよ。。。右側の宮太鼓の後ろが父なのです☆
新しいお祭りなんやけど、若い人からおじさんおばさんまで皆で楽しめる祭りになってよかったよ

#2 吐きそう
俺様と6日間連絡が取れなくて、気分的に参っていたので記事にしてふっきる事に。。。長いし今更打ち直す気分でもないのですがwとにかく、俺様がいないと何事もやる気がなく、覇気のない生活だって事。
時間がいっぱいあるのに更新してなかったのも、やる気がおきなかったせいですだから、これからも、更新が順調だったら、あぁ~上手くいっているんだな。と思ってくださいwww
めぐちゃんメッセくれてありがとう元気になりました

以上、間違って削除してしまった記事のまとめでした

| Diary*2007 | 09:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

あ゙ぁ~!!!!!!!!!!

間違えて、記事を消してしまいました。。。
こじぃ、Evaちゃん、コメントありがとぅ!
なのに消してしまってごめんね。。。

| Diary*2007 | 12:39 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。