2008年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年11月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

栄養のお勉強

Stop
今週勉強したこと:NutritionとBowel movement

健康的な食事は療養と予防の第一歩!
でも病院で栄養失調になることって少なくないんです。
その原因はいろいろありますが、例えば環境の変化、のどや胃腸の病気、その他の
体の機能低下、精神的なもの、知識の欠如などなどです。
(私の入院中はご飯を用意しなくても出てくることが幸せで、毎回楽しみにしていたし、
ばくばく食べて、いい意味で鈍感なので程度に環境にも対応できたし、看護婦さんたちも
めーーっちゃいい人だったので、体重増えて退院したくらいですけどね ヾ(@°▽°@)ノ)

文化の違いなどにより、Evaちゃんのブログでも話したんだけど、例えばラマダン中の
患者さんにはどういった対応になるかや、ベジタリアンの人たちにはどういった
食事を提供して行かなければいけないかっていうのを勉強しました。

でも宗教関係の食事制限は比較的やりやすいのです。牛が食べれなくても
鶏肉が食べられたら大体の栄養素はちゃんと食事から摂取できるからです。

問題はベジタリアンの人たち。
色んな種類のベジタリアンがいて、
・魚、卵、牛乳、乳製品はOKな人。
・卵・牛乳・乳製品はOKな人。
・野菜(植物性のもの)しか食べない人。
・フルーツしか食べない人。   などがあるんですね。

でも明らかにそれだと栄養素が不足してしまうんです。体にいいと思われがちですが
もちろん完璧ではありません。不足した栄養素はサプリメントで補わないと。。。

例えばビタミンB12・・・これは動物性の食べ物からしか摂取できません。
卵や牛乳には入ってるよ♪これが不足すると神経の障害を引き起こしてしまいます。

プロテイン・・・成長やけがの治療に欠かせない栄養素。だからベジタリアン家庭の
子どもやけがの治療中の人、妊婦さんなどは特に十分な量を取らないと
いけないんだけど、ベジタリアンだとどうしても豆腐や大豆くらいしか頼れないのが
つらいところ。不足するとお肌も荒れるよ。

鉄分・・・特に貧血もちの人や女性、妊婦さんにはとーーっても大切なもの。
植物から摂取する鉄分は動物性の食べ物から摂取する鉄分に比べて、体に
吸収されにくく、必要な分を野菜から取ろうと思えば膨大な量になってしまうのです。

そこで、特に植物性のものしか口にしない人たちには
・ビタミンB12
・カルシウム
・鉄
・亜鉛
などのサプリメントを摂取するべきっていうのが科学的には言われているんですけど
アレルギーなどの原因ではなく、ベジタリアン=完璧な食事と思いこんでいる場合
それを拒否する人がいるそうなんです。さすがアメリカだね。
そういう人たちにどうやって理解してもらうか、ほかの方法を考えるか、とか
色々あるそうです。難しいねー。もちろん個人の選択が一番重要視されるけど
ナースとしては正しい知識を正しく患者さんに伝えた上で、相手の意見を聞かないと
いけないそーです。。。頑張って勉強しないとねー。

他にも好き嫌いとかあるようなら、無理には食べさすことができないので、環境を
整えたり、正しい情報を提供したり、他の食品で補ってもらったり・・・。

難しいのは禁酒とか禁煙だけど、その人に止める気がないようならば
これは正しい情報を提供することくらいしかできないよね。
もしやめたくても止められないんだったら、カウンセリングとかそういうのを手配したり
家族などにも話をして理解してもらわないといけないね。

でもおかしいよね、アメリカの老人ホームではフルーツと言えば缶詰が出てくるんだから。
それってどうなんだろう。いいの??どうせなら本物出そうよ??
日本の老人ホームで食べた食事、決して病院食ではなく、ちゃんとてんぷらとか
皆が食事を楽しめるように工夫されていたけど、もっと健康的だったな。


にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学へやっぱり老人ホームはいるなら日本がいいな笑
スポンサーサイト

| Nursing | 18:25 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。