2009年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年07月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

結核という病気

花火
バーン、バーーン!!という音がかすかに聞こえる・・・
Utah Summer Gameの開会式か(ノ゚ο゚)ノ オオオオォォォォォォ-

花火好き!花火みたい!!

とアパートの階段の踊り場から眺めてみたら・・
花火
めちゃくちゃ良い眺め♪

花火
しばらくすると下の階の子どもたちも上がってきて、みんなで鑑賞。

カメラを手すりにおいて撮影していたんだけど、興奮した子供たちが手すりをガンガン揺らし始めたので、写真撮影は諦めて・・・
花火


しばらくの間、遠くで上がる花火を眺めていました。

アメリカでは通常花火は禁止。独立記念日だけOK。日本のように気軽に花火で遊べません。イベントで花火が上がるってなるとやっぱり子供たちは大興奮でした☆





さて、アメリカで看護を習うともちろん実習に行きます。
そのためにいろいろと準備をしないといけません。。。

去年の今頃行った準備&検査&予防接種は・・・

・Drug Screen:おしっこ検査で薬物反応が出ないかどうか。いきなり日にちを指定されて病院に行きます。そりゃそうです。抜き打ちじゃないと意味がありませんから。。。

・FBI Background Check:指紋を警察署で取ってもらい、今までの犯罪歴などを調べているんだと思います。

・CPR:心肺蘇生法の講習を受けて、免許証みたいなのを貰います。

・TBテスト:ツベルクリン反応、結核にかかったかかかっていないか検査します。

・Tdap:百日咳ワクチンと破傷風とジフテリアのトキソイドを注射されました。

・Hep-B:B型肝炎の予防注射(合計3回)受けました。

・Chicken Pox:水ぼうそうにいつなったか申請。

・MMR:日本で受けたといっても信じてもらえず、血液検査になりました。

当時は一体この短期間にどんだけ注射打たれるんや・・・ってくらい打たれました∑(ノ▼ο▼)ノ今年はツベルクリン反応の注射だけ受けて、陰性だったら問題なし☆★☆



・・・だったんですが、私、日本人だからBCG(結核の予防注射)受けているんです。去年は反応こそすれ10mm以内だったので問題ありませんでしたが、今年は10mmを超えてしまいましたw( ̄Д ̄;)wワオッ!! 

去年も反応があったことも含め、肺のレントゲン、血液検査、異常がなければ投薬を開始すると言われました・・・。実習中に結核患者さんはいなかったんですが、もちろん病院は出入りしていましたし、この1年間で感染した可能性もある。BCGのせいで陽性反応が出た可能性もある。とにかくこのままでは実習に参加できないということで、レントゲン検査を受けに行きました。

予防接種やツベルクリン反応の検査は学校内の病院(保健室みたいなw)でしてくれますが、レントゲンや血液検査は町の病院へ。病院では機械に名前、生年月日を入力して、係りの人に呼ばれるまで待機。係りの人が来たら、先生から預かった書類を渡して、支払。保険会社がカバーしてくれることになっているので、デポジットだけ払って終了。

まずはレントゲン。個室で上半身裸になり、ガウンを着るのですが・・・腕通すところが3つある・・・!!!とにかく試しにあーでもない、こーでもない、これが一番しっくりくるかも?と思って鏡で確認すると、鏡の上の方に、着方を説明した張り紙発見(゚O゚;アッ! あったんかい・・・そんなとこと高すぎてみえねぇよ・・・。結局着方は合っていたのでそのまま待機。その後すぐにナースに連れられて、機械の前に立たされて、すってーーはいてーーすってーーー止めて!はい!終了!!


服を着てまた待機。今度は採血をしてくれる人が呼びに来て、
「今、何人かの生徒が来とるんやけど、その子たちにTBテストの陽性をみせてあげてくれん?」と。私も医療系学生の一人ですし、別にやましい検査結果でもないので、もちろんOK。前回の血液検査は生徒に採血してもらったしね。生徒たちがわらわらやってきて、私の腕をプニプニ押して、「痛い?」「かゆい?」って聞いて、気が済んだら帰って行きました。綺麗なおねーさんに血を抜かれて終了。

検査結果は直接、先生に送ってくれるのでこの日はこれでおしまい。


後日先生に会いに行って、検査結果を聞くと、まったく問題なし!ということで、感染はしているだろうけど、発病もしていないし、結核の症状も一切ないので排菌することもないと。皆さんには移しませんのでご心配なく~。。。

INHという薬を処方されました。

ちなみにTBテストが陽性なのはBCGが原因かどうか血液検査でわかるそうなんですが、それがこの町ではまだ受けられず、$400以上するだろうし、それでBCGが原因と分かったところでとにかく薬を飲んでくれ、といわれる可能性もあるということで、今回は大人しく薬を飲むことにしました。

レントゲン検査は発病しているかしていないか、を調べるため。私の肺に影などなかったので、レントゲン検査で見る限り、私は発病していません、っと。まずは一安心。

血液検査は私の肝臓機能を調べるため。INHは肝臓の働きによって排出されるので、肝臓が悪い人は上手く薬が体から出ていかなかったり、さらに肝臓を弱らせることになるので、血液検査でチェック。もちろん私の肝臓は元気そのものだったので、INHを処方されました。
そのほかにも色んな項目もチェックされていたのですが、Total proteinとAlbuminがちょっと高いだけで後はすべて問題なし!!私はまだ若いのでwwwプロテインが高いのはちゃんと食べている証拠。問題ないと言われました。心配していた血糖値も問題なし☆(糖尿病家系なので・・・)

INHを飲む際の注意点として・・・
妊娠しない、お酒を飲まない、タイレノール(痛み止め)は飲まない、などなどいろーーんなことがあります。お酒もタイレノールも肝臓にさらなる負担をかけてしまうから。ビタミンB6のサプリも飲んでいます。これは副作用の末しょう神経障害を予防するため。

問題は!!!!!
お酒を飲まない!!!!
ってことですよ!!!週一回コップ一杯ならいいって言われましたが、それでどうやって日本の夏、日本のお盆を乗り切れと??!?!?ヘ(゚曲、゚;)ノ~ ヒィイイイイイ!!今、彼氏と言い訳考えています。

「いやいや、医者に止められましてね・・・」   なんかおやじくさい
「ちょっと・・・」といいながらおなかをさする。   変な誤解を招く
「運転せなあかんから」   これは事実だから使える場合もある!!
泡立った麦茶を用意する   ・・・・・・・。

薬は9か月飲み続けることになります。値段は安いです。1ヶ月分で$4。お酒をちゃんと我慢できるかが問題だ・・・。
スポンサーサイト

| Nursing | 11:20 | comments:7 | trackbacks:1 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。