PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

未来予想図

ドリカムの未来予想図は映画化されるそうですね

それとは関係ないんですが、
最近「永遠の途中 唯川 恵」を読みました

どうしてもっと、自分の生き方に自信を持って来なかったのだろう。あなたのつぶやきは、誰に届くの? 「もし、あの時ああしてたらって、自分のもうひとつの人生を勝手に想像して、それに嫉妬してしまうのね。 何だか、いつも生きてない方の人生に負けたような気になっていたの。 そんなもの、どこにもないのに、人生はひとつしか生きられないのに」--本文より


広告代理店に勤務する薫と乃梨子は、同期入社。仲はよいが相手と自分を比べずにいられない微妙な関係。どちらも、同僚の郁夫に恋心を抱いていたが、ささやかな駆け引きの後、薫が郁夫と結婚して主婦に。乃梨子は独身でキャリアを積み続ける。歳月は流れ、対照的な人生を歩みつつも、相手の生き方を羨んでしまうふたり…。揺れる女性の心をリアルに描く長編小説。
(「BOOK」データベースより)



結婚をして主婦になるか、キャリアウーマンとして働くか。
二人の対照的な人生を読んで、自分の未来を想像せずにはいられませんでした。
それぞれが嫉妬して、彼女には負けない!と思いながら生きていく二人。どっちが幸せなのかは分からなかったけど、一番幸せなのは、自分の人生を他人と比べることなく、精一杯自分の道を生きていく事なんだなぁ♪と思いました!
人と比べたって疲れるだけだもんね♪憧れとして他人の人生を見るのはいいけど、嫉妬してしまうようなら止めた方がいい。私の人生はどの道を行くんだろう・・・。
昔と比べて、自分の可能性は限られてきていると感じずにはいられないけど、コウ考えるとまだまだ色んな道があるんだなぁって。その道が俺様と重なっていたらいいなぁなんていってみたりして(←アホ)

とにかく、私はいい本だと思いました。
この本の教えは一生頭の中にいれておきたいな

| Diary*2007 | 09:52 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

面白そう☆あたしも読みたいなぁ♪

そうやねんよなぁ。
選択肢は確実に狭くはなって行ってるけど、
だからこそ、自分の選んできた道に
誇りをもたなあかんねよなぁ。

| こじぃ | 2007/09/27 16:19 | URL |

こじぃへ♪

これは、おもしろかたよぉ♪
恋愛云々、ミステリー云々だけの小説とは違って、ただ淡々と二人の生活を現実味たっぷりに書いてるからこそ、色んな人が素直に受け入れやすいと思うし。

自分の選択に後ろ向きにはなりたくないもんな。

| Misa | 2007/09/27 17:53 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://maymisa.blog111.fc2.com/tb.php/30-e6a9c5c7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。